IoT CONSTRUCTION PLATFORM

IoTを最速で構築する2つの仕組み

「PILEz」と「BraveGATE」は、累計100万台以上ものIoTデバイスを開発・量産してきた『IoTデバイス屋』Braveridgeが、その豊富な経験と知見を活かし『デバイス屋』目線でIoTの課題を考え抜いて作った2つの仕組み。
ユニット化によって、センサー部の開発のみでセンサーデバイスを完成できるハードウェアユニットシステム「PILEz」と、そのPILEzの通信ユニットとともに通信ネットワーク部分を完成状態で提供するIoTネットワークサービス「BraveGATE」を活用することによって、通常3年はかかると言われるセルラーIoTを僅か6ヶ月で安定した状態で運用開始できます。
もはや、IoT開発に、無駄なPoC、その後に待ち構える長期の開発は必要ありません。

PILEz&BraveGATE_全体図.png

IoT開発にPILEz&BraveGATEを使うメリット

●デバイスの通信ユニットとIoTネットワークサービスによって、最も難しい通信回線ネットワーク部分が完成済

●センサーユニットの開発(Braveridge)と、ユーザーアプリの開発(お客さま)のみで、IoTサービスが完成

●サービス開発開始から試験運用まで僅か6ヶ月という最速での開発を実現

●無駄なPoC、長期間におよぶ開発とは無縁の「IoTを『実現するため』の仕組み」

●柔軟に通信規格を選択、全て同じインタフェースで運用可能

複雑で困難なIoTサービス開発の開発要素のなかでも、物理的に時間を要するハードウェア開発をユニット化、完成済の通信ユニットと組み合わせるセンサーユニットの開発のみでセンサーデバイスが完成。
最も困難な通信ネットワーク部分は、PILEz通信ユニットとIoTネットワークサービスBraveGATEで既に完成済のため、通常3年はかかると言われるセルラーIoTを僅か6ヶ月で安定した状態で運用開始できます。

製品情報

PILEz&BraveGATE 活用事例

PILEzとBraveGATEを活用することによって、短期間で開発され実運用開始しているIoTサービスの事例です。

BraveGATE 活用事例

BraveGATEを活用して開発され安定稼働中のIoTサービスです。このように、PILEzを使わない場合でも、BraveGATEを使うことによって安定した通信ネットワークを利用することができます。